カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

BLACK SIGN/ブラックサイン  「BSM Raincoat」 レインコート

【BLACK SIGN】
ヴィクトリアから第2次世界大戦以前までのアメリカン・カルチャーやライフ・スタイルをプロダクト化したブランド。オールド・アメリカンの持つ良質な雰囲気を最大限に活かしつつ現代のライフ・スタイルにあわせアップ・デートしたプロダクトをリリースしています。



1940年代のUSミリタリー・ラバーコーティングコートをソースに、高耐水圧/高透湿/防風性のある3層素材を使用した最強コートを作り上げました。 (耐水圧20,000mmレベル 透湿度8,000g/m2/24hrレベル) 素材名は"SAITOS"。 特殊ポリウレタンフィルムを使用した高機能素材です。 デザインや各所ディテール、そして華麗なるAラインシルエットは40’s USミリタリーヴィンテージコートそのままに、太すぎるアームホールや袖丈のサイズ感を再構築。 USミリタリーコートがソースですが、いわいる通常のミリタリーグリーンではなくあえてユーロミリタリーをイメージした鮮やかなグリーンにて製作いたしました。 ハイブランドのようなコーディネートもお楽しみください。 脇部分には、ヴィンテージにも施されている通気性を上げるためにベンチレーションホールを配置、フロントはボタン開閉式で前立て下にも一枚生地を使用下2重構造比翼担っています。 その他さまざまなディテールで当時の雰囲気を楽しめる最強レインコート、タウンユースには勿論、キャンプやフェスそして、世界を巡る旅のお供に。

★SAITOS(サイトス)高耐水圧/高透湿ラミネート素材 透湿性/汗など水分を吸湿し、蒸気として発散する優れた放出機能により、ムレ感を抑え、衣服内を快適に保ちます。 防水・耐水性/長時間にわたり水圧がかかった条件下でも水の侵入に耐えることができ、外部からの雨・水の侵入を防ぐ優れた防水性も兼ね揃えています。









38サイズ:着丈113cm、身幅61cm、裄丈82cm
40サイズ:着丈115cm、身幅64cm、裄丈84cm










Meadow Green















































































































着用MODEL:175cm,58kg 38サイズ着用







BLACK SIGN/ブラックサイン  「BSM Raincoat」 レインコート

メーカー:BLACK SIGN/ブラックサイン
型番:BSSJ-20402B
価格:

60,500円 (税込)

購入数:

Color

Size

在庫

購入

Meadow Green

36

×

38

40

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

■ 商品説明

1940年代のUSミリタリー・ラバーコーティングコートをソースに、高耐水圧/高透湿/防風性のある3層素材を使用した最強コートを作り上げました。 (耐水圧20,000mmレベル 透湿度8,000g/m2/24hrレベル) 素材名は"SAITOS"。 特殊ポリウレタンフィルムを使用した高機能素材です。 デザインや各所ディテール、そして華麗なるAラインシルエットは40’s USミリタリーヴィンテージコートそのままに、太すぎるアームホールや袖丈のサイズ感を再構築。 USミリタリーコートがソースですが、いわいる通常のミリタリーグリーンではなくあえてユーロミリタリーをイメージした鮮やかなグリーンにて製作いたしました。 ハイブランドのようなコーディネートもお楽しみください。 脇部分には、ヴィンテージにも施されている通気性を上げるためにベンチレーションホールを配置、フロントはボタン開閉式で前立て下にも一枚生地を使用下2重構造比翼担っています。 その他さまざまなディテールで当時の雰囲気を楽しめる最強レインコート、タウンユースには勿論、キャンプやフェスそして、世界を巡る旅のお供に。 ★SAITOS(サイトス)高耐水圧/高透湿ラミネート素材 透湿性/汗など水分を吸湿し、蒸気として発散する優れた放出機能により、ムレ感を抑え、衣服内を快適に保ちます。 防水・耐水性/長時間にわたり水圧がかかった条件下でも水の侵入に耐えることができ、外部からの雨・水の侵入を防ぐ優れた防水性も兼ね揃えています。

■ 商品仕様

製品名BLACK SIGN/ブラックサイン  「BSM Raincoat」 
型番BSSJ-20402B
メーカーBLACK SIGN/ブラックサイン
製造年2020年

ページトップへ